Amazonプライム会員なのに、まだ「PrimeMusic」使ってないの?

プライム会員なら無料で音楽聴き放題の「PrimeMusic」

どうも、ぶらっど・びっど(@yota_zetacygni)です。

 

AmazonPrime、めちゃめちゃ便利ですよね。

まず、配送料が無料になるし「お急ぎ便」も使えるように。

「PrimeVideo」では無料で映画やアニメ、ドラマやバラエティまで色々観れちゃいます。

 

AmazonPrimeサイコー!!ですよね。

 

ところで、PrimeMusicって使ったことある?

 

「ない」という方はもったいない!

 

この記事では、Amazonプライム会員の特典「PrimeMusic」を紹介します。

じっさい自分が聴いている曲も紹介しますので、よかったら参考にしてください!

そしてPrimeMusicはゲーマーにおすすめのサービスでもあったことが判明……?(詳細は記事を読んでくださいね♡)

 

個人的にはすごい使ってるのに、案外まわりに使ってる人少なかったんだよなぁ……。

 

スポンサーリンク

PrimeMusicの基本情報

100万曲以上の曲が聴き放題のサービス、それがPrimeMusic。

 

音楽専門家などが選んだプレイリストが用意されているのも特徴です。

あまり曲を聴かないという人も、このプレイリストの機能でさまざまな曲に出会うことが出来ます。

クリスマスや夏など、季節のプレイリストには名曲から最新の曲までそろっており、自分が今まで知らなかった曲や、聴いたことはあるけど名前の知らなかった曲なども聴くことができるでしょう。

 

また、最大の特徴はAmazonMusicというアプリの存在です。

 

「曲はyoutubeで聴くからいい」という方もいると思いますが、通信料がバカになりませんよね。

AmazonMusicアプリなら、いちど曲をダウンロードしてしまえばそのあとはインターネット接続なしでも聴くことが出来ます。

 

また、端末に最初から入っている音楽再生アプリのように使えるため、スリープモードにしたり他のアプリを使いながらでもOK。

 

利用する方法は、Amazonプライムの会員であることだけ!!

(Amazon Student会員・Amazonファミリー会員 でももちろんOK)

 

プライム会員ならタダってことです。

せっかくなら使うほかないよネ!?

いちばん気になる「どんな曲が入っているか」

こういうサービスってさ、聴きたい曲ぜんぜん入ってなかったりするよね
わかる! 「あるじゃん」と思って聞いたらオルゴールVer.で激萎えした経験あるわ

 

別にオルゴールVer.が嫌いなわけではないです。

でも明るいJPOP聴こうと思ったときにオルゴールだったら、やっぱり肩すかし喰らいますよね。

 

しかし個人的にPrimeMusicは「お、この曲もあるじゃーん」と思えるラインナップでした。

 

もちろん聴きたい曲には個人差があります。

今回はあくまで一例として、わたしが普段聴いてる曲をいくつか紹介しますね!

ゲームミュージック

個人的に一番聴いているジャンルです。

なぜか知らないですがPrimeMusicにはサントラが豊富にあります!

 

めちゃくそおもしろいゲーム「Undertale」のサウンドトラック。

聴き放題なのにCD購入もしました。

それぐらいにおもしろくてBGMも良いゲーム。

 

おしゃれな雰囲気のゲームといえばペルソナシリーズ

わたしは「ゲーム界の村上春樹」と呼んでいます。

サウンドトラックもなんと最新の5まで聴き放題

 

他にも、ゆめにっきモンハンアトリエシリーズなどのサントラもあります。

 

ゲーマーなら余裕で楽しめること間違いなし!!

なぜこんなにこのジャンルが充実しているのか!!

わからん!けど嬉しい!!!

洋楽

さすがAmazonというだけあって、洋楽のラインナップはとても多いです。

年間洋楽ランキングなどのプレイリストはわたしもよく聴きます。

 

洋楽の良く聴いているおすすめプレイリストは「激おこガールズロック」「2000年代ロック」「パンク名曲20選」あたりです。

これがまぁ選曲センスがよくて……。

Greendayとか、オフスプリングとか、洋楽興味ない人にもいちど聴いてもらいたいですハイ。

 

洋楽に詳しくないっていうわたしみたいな方でもプレイリスト機能があるから助かりますよね。

JPOP

いちばん重要でしょうか。

 

わたしがよく聴いているのは、

東京事変・椎名林檎・superfly・RADWIMPS・でんぱ組inc……

などですかね。

東京事変、大好きです。かっこよすぎます。

 

でも、邦楽はそもそも気に入った曲は買ってるんですよね。

だから、わりと「クリスマスソング」「バレンタインを盛り上げるJPOP」といった、プレイリストで名曲を聴くことの方が多いかもしれません。

PrimeMusicのデメリットと、使い方で思ったこと

デメリットを挙げるとすれば、正直いって曲の数がまだまだ少ないことです。

当然ふだん聴いている曲がすべて無料で聴き放題というわけにはいきません。

しかし曲はつねに追加中ですので、今後もさらに聴ける曲は増えていくでしょう。

 

そこで!

わたしの提案するPrimeMusicの使い方は……

「図書館気分でつかう」ことです。

 

いつもの曲も聴きつつ、自分好みの曲を発掘するサービスとしては大満足だと思います。

 

「カフェっぽい曲聴きたい!」

「クリスマスシーズンとかに雰囲気を出したい!」

「BGM用にCD借りてくるか……」

その必要なし!そう、PrimeMusicならね!!

 

そういうときに普段はYoutubeなどで満足しているアナタ。

PrimeMusicならちゃんとした音質で、しかもちゃんとした人が選曲してるプレイリストまでありますよ。

もちろん自分好みにプレイリストをつくることも可能です。

それに、一度ダウンロードしておけばオフラインでも聴けますしね。

 

まぁ個人的には曲数もじゅうぶんですし、なによりプライム会員は無料なので使わない手はないという感じです。

 

あなたも一度、ためしてみてはいかがでしょうか。

公式ページはこちら!

2018年の追記

あああッ!なんと!!

PrimeMusicの上位サービスが始まってしまいました……。

 

その名も「Amazon music unlimited」

Unlimited(=無限)というだけあって、曲数が一気に40倍になりました。

4000万曲以上です。

 

デメリットが消えた。

もはやなんでも聴けます。

「無限の曲製~アンリミテッドミュージックワークス~」だ。

 

music unlimitedは、通常月額980円。

プライム会員なら780円でPrimeMusicを進化させられる感じのサービスです。

同じAmazonMusicのアプリを使うことができます。

 

しかも30日間無料……。

これは試してみない手はありませんね!

公式ページはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です