キットレンズを卒業しよう!オススメのレンズはどれ?

キットレンズから卒業して、一歩レベルアップ!

どうも、ぶらっど・びっど(@yota_zetacygni)です。

 

一眼レフの醍醐味といえば、ずばりレンズ!!

レンズを変えることで、撮れる写真もガラッと変わります。

 

どんなレンズの種類があるかはこちらでも紹介しているので、参考にしてくださいね。

 

今回は、最初に持つことになるであろうキットレンズから、一歩進んだレンズをご紹介します。

何事も形から入るタイプのあなたは必見ですよ!

 

「慣れてきたあなた、ちょっとだけレベルアップしてみては!?」

スポンサーリンク

 

そもそもキットレンズとは?

キットレンズとは、カメラを買ったときに付いてくるレンズのことです。

○○レンズキットとか、○○ダブルズームキットとか、ボディ(カメラ本体)とレンズがセットになっているやつのアレですね。

 

このレンズキット、ボディとレンズ別々で買うよりも相当お安くなっています。

例えば、こちらのEOS Kiss X7ダブルズームキット。

EOS Kiss X7の本体に加えて、18-55mmのレンズと55-250mmのレンズが付いてくるセットです。

こちらは2017年12月現在、¥69,400となっております。

 

さて、これを別々に買うと……

¥40,000!!(新品がもう無かったので中古の価格)

¥13,000!!

¥13,000!!

 

……あれ?

「思ったより価格が変わらなかった……。」

 

本当はお得なセットなはずなんです!(ガチ)

X7はちょっと昔のだから、価格が近づいてきてしまっているようです。

 

最近出たEOS Kiss シリーズの最新モデル、X9iで比較してみると……。

ダブルズームキットはこの値段。¥92,620!!

そして……?

¥80,190!

¥26,606!

¥16,910!

 

別々で買うと合計、¥123,706!!(2017年12月現在)

ダブルズームキットと比べると¥30,000以上違います!!

 

ほらね!!??ぼっ○くりでしょ!?

「わたしの今年のクリスマスの予定は、ぼっちクリです」

 

くそつまんない話は置いといて……、

ここからが本題です。

そんなお得なレンズキットからカメラを始めた方は多いと思います。

 

そろそろキットレンズから卒業したいなぁなんて思ったことはありませんか!?

今のレンズで満足しているアナタ。

キットレンズからちょっとだけレベルアップすると、どうなるのかお教えしましょう……。

 

キットレンズの一番の弱点とは……?

 

暗い。

これに尽きます。

 

写真の明るさをどのように調節するか、ご存知かとは思いますが、おさらいしてみましょう。

 

大事なことは3つ!

F値・シャッタースピード・ISO感度 です。

 

F値・シャッタースピード・ISO感度

◆F値を上げる(絞りを絞る)と、ピントが合いやすくなる代わりに暗くなってしまいます。

 逆に下げると、ボケやすくなり明るくなります。

 

◆シャッタースピードは上げると暗くなって、下げると明るくなる代わりにブレやすくなります。

 

◆ISO感度は上げると明るくできますが、上げすぎるとザラついてしまいます。

 

今回はサラッと説明してしまいましたが、こんな感じ。

「詳しくはまた別の機会に!」

 

撮りたい写真に合わせてこの3つの要素を調整することが必要になってくるのですが……。

 

基本的にレンズキットのレンズは、F値が大きいものになります。

先ほど例に挙げたEOS Kissシリーズのキットレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」はF値の最低が3.5~5.6です。

(ズームしない状態で最低3.6、ズームすると最低F値が5.6まで上がってしまいます)

これはいわゆる「暗いレンズ」です。

 

暗いと具体的に何が問題かと言いますと……。

・マジで暗いところだと、撮影自体できない。

・ボケ感が出しにくい。

・シャッタースピードやISO感度で調整しなければならない。

   → シャッタースピードを下げて明るくすると、ブレやすくなってしまう。

   → ISOを上げすぎると、ザラついてしまう。

 

といった問題が出てきます。

つまり、調整の幅がせまくなってしまうということ。

 

かといって、CanonやNikon純正の明るいレンズはめちゃくちゃ高いんです!!!

 

そこでオススメなのがSIGMAのレンズ。

SIGMAというブランドは、日本のメーカーでCanonやNikonのカメラに付けることのできるレンズをたくさん販売してくれています。

純正のものに比べて安価にもかかわらず、そのクオリティは引けを取らないので、初心者から上級者までお世話になっている人は多いでしょう。

 

そんなSIGMAのレンズからオススメのレンズを2つ紹介します。

まずはこちら!

キットレンズのズーム域18-55mmに比べると若干ズームできる範囲は狭くなってしまいますが、驚くべきはそのF値。

なんとズーム有り無し関わらず全域脅威のF2.8

 

F2.8はキットレンズでは出せない明るさなので、一眼レフ特有のボケ感を出したい!という方にもオススメのレンズです。

 

そして2つ目はこちら!

こちらはズーム域が17-70mmと伸びた代わりに、F値が2.8-4と変わってしまいます。

 

それでもキットレンズより明るいうえ、ズーム域も伸びているので、撮れる写真の幅がかなり広がります。

「わたしも持っているのですが、正直このレンズさえあれば付け替える必要があまり無いほど!」

まさにキットレンズからの卒業にぴったりのレンズです!!

 

普段使いにもってこいの標準レンズから買い替えてみては?

いかがでしたでしょうか。

 

ちなみに、今回紹介したSIGMAのレンズには二つとも……

レンズフードが付いてきます!!!

SIGMA レンズフード LH780-04↑こんな感じのやつのことです。

 

「なんか、これを付けただけで初心者から一歩レベルアップした気がしました。」

 

クリスマスにお正月の年末シーズン。

あなたも一歩(形だけでも)レベルアップしてみませんか?

「あと、体調に気を付けてください(最近風邪ひいた)」

 

The following two tabs change content below.

ぶらっど・びっど

94年生まれのフリーライター。絶賛東京で消耗してます。 社会の荒波でサーフィンしたい。 ゲーム/写真/散歩/二度寝

スポンサーリンク