カメラバッグで迷ったら、買わない!のも選択肢のひとつ【インナーケース紹介】

ショルダー?リュック?多くて悩む……

どうも、ぶらっど・びっど(@yota_zetacygni)です。

 

カメラを買って、さっそく撮りに出かけよう!

というときに悩んでしまうのが持ち運びの方法

 

家から首に下げとくのもなぁ……。

なんてときに活躍するのがカメラバッグです。

 

ですがその種類はタイプも含めてたくさんあり、悩んでしまっているあなた。

カメラバッグを買わないという選択肢はいかがでしょうか?

 

「意味不明なんですけど(怒)」

「ま、待って!ちゃんと説明するから!」

 

今回は、カメラバッグで迷ってしまったあなたにおすすめしたい、インナーケースの紹介です!

 

スポンサーリンク

カメラバッグという考え方がそもそもナンセンス!?

カメラバッグは必須!と考えている方は多いと思いますが、それは間違い。

それに、カメラバッグにはあんがいデメリットも……。

 

まずはカメラバッグのデメリットをみていきましょう。

 

1、値段

カメラバッグは、ふつうのバッグやリュックに比べて高くなっています。

その分カメラを使う人むけの便利な機能もあるので当然といえば当然です。

 

2、デザインの選択肢が限られる

もちろん豊富にはありますが、ふつうのバッグやリュックに比べると少なくなりますよね。

 

3、カメラを使うときは他のバッグやリュックを使えない

ショルダータイプや小さいタイプのものを選んだとしましょう。

カメラ以外の荷物が多くなってしまったとき、別のバッグを用意する必要が出てきてしまいます。

 

逆に、大きいリュックタイプを選んだときは……

ちょっと出かけたいなという日もゴツいリュックを背負わなければなりません。

 

「こう見ると、意外と不便だなぁ……」

 

インナーケースならすべて解決!

デメリットをよく読むと、ある疑問を持つハズです。

「ふつうのバッグやリュックとの違いってなんだ?」

 

ざっくり言ってしまえばそれは、中の仕切りの有る無しです。

 

ざっくりですからね!ざっくり!

じっさいは、カメラを使うひとのことを考えた機能が山ほどあったりするんですが……。

まぁざっくり言ってしまえばそういうことな気がします。

 

じゃあ中の仕切りがあれば解決では!?

それが「インナーケース」(インナーボックス・インナーバッグとも)です。

HAKUBA カメラバッグ インナーソフトボックス 300 ブラック 取り外し可能なフタ付き KCS-39-300BK

 

インナーケースがあれば、今使っているバッグやリュックも、立派なカメラバッグに早変わり!

それに、その日のシチュエーションによって付け替えることも可能です。

 

なにより、安い!

お手軽さはとても重要ですよね!!

 

買うか悩んでいて外に持っていけないよりも、とりあえず買ってみて試せるのはデカい。

 

ある程度の大きさがあれば、どんなバッグやリュックにも使えるのでおすすめです!

 

できればフタが付いているこういうタイプを選ぶと良いと思います。

この商品であればフタの取り外しも可能です。

商品説明のところに、動画もあって使用感がわかりやすいのもGOOD。

 

「じぶんの使う機材に合わせて選んでくださいね!」

 

唯一のデメリットと、まとめ

そんなインナーケースですが、ただひとつだけデメリットがあります。

それは、それ単体だと持ち運べないということ。

 

しかし、手持ちのモノが使えるので、デメリットらしいデメリットはないのではないでしょうか。

浮いた予算で、お気に入りのバッグやリュックを探してみるのもいいかも。

 

それでは今回紹介した、インナーケースのメリットをまとめます!

◆すでに持っているバッグやリュックなどが使える

◆シュチュエーションに合わせて付け替えられる

◆安い

 

いかがでしょうか!

 

パソコンやノート、財布など普段使っているものも持ち運びたい。

できるだけ荷物をコンパクトにしたい。

など、さまざまなニーズに合わせて付け替えられるのがいいですよね。

 

あなたもお気に入りのバッグをカメラバッグとしてつかってみてはいかがでしょうか!

 

「釣りのリールを入れている人もいるらしいよ!」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です